ICECREAMLIFE♥

私の日常を気ままに書いています★☆現在製作中の絵の進行状況等も書いているのでチェックしてくださいね♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゆ 

湯けむりの中でにこにこしている人の顔。

時より誰かの笑う声がこだまする。

子どもは絵に描いたように頬を赤くして、

母親はタオルで子どもを包みこむ。

年老いたおばあちゃんが、娘と手をつないで入って来た。

老いも若きも裸のままで。

見知らぬのに親しくて。


温泉。


きっと天国はこんなだ。








スポンサーサイト

ICECREAMのようなLIFE 

毎日毎日小さな選択をして生きている。

例えば、お昼何食べようか。とか、
今日はこの道から帰ろうかな。とか…

そうやって何気なく選ぶ小さな選択を積み重ねて
私は今日までたどり着いた。

未来のことはいつも分からない。
本当に分からない。

おととしの夏、旦那と海で花火をしていた時、
旦那はふと 『 来年もしたいなぁ… 』 と言った。
私は 『 来年のことなんか分からないよ 』 と言った。

そして、去年の夏、同じように花火をしながら
旦那は 『 来年もできたらいいな。 』 と言った。
私も旦那も 『 来年のことなんか分からないね。 』 と言って笑った。

繰り返しのような毎日を過ごしてたはずなのに、
いつも、一年後は思いもよらない場所にいる。

変わるもの、変わらなかったもの。

だから今ひいた選択を信じている。

行き着く先は私らしさ。


一年後、私はどこで何を思うだろう。





 

あの家に帰ろう 

隠したいなぁと思うことがある。

プライドのせいだか、理想のせいだか、人目のせいだか。

目をそらしたい事実がある。

直視したら壊れてしまうようで。

そうやって気付かないふりをして、
たくさんのことから逃げてきたら

私のにおいはどんどん消えて、輪郭もぼんやりして
自分がどんな姿だったかも忘れてしまってた。

あなたはいつも牙を向けるものに素手で触れ、
トゲを折ることなく花を愛でる。

そうして流れる赤い血を見て生きているのを学んでいく。

自分が感じたものだけを頼りに
自分が良いと思うものに忠実に

私はあなたに触れるたび、恥ずかしくて
嬉しくて、悲しくて、眩しくて
どうしようもなくなる。

いつか、私も帰れるかな。

3月初めの夜に。 

忙しくて、身体が疲れて、眠りにつく。

余分なことは考えなくて、

その分感覚だけが冴えてくる。

床の冷たさや、春風のにおいや、夜の中に混ざる恋の気配を感じて。

わさわさ。

なんだか心地いいまどろみ。


3月初めの夜に。

プロフィール

AZ★

Author:AZ★
イラストレーターとして活動中☆
ホームページ《 ISLEEPGAL 》
でイラストを公開しています!!
アイスクリーム、
YUKIちゃん(元JUDYANDMARY)
Vivienne Westwood
などなどカワイイ物が大好きです♥

ブログランキング

ブログランキング

気に入って頂けましたら1クリックお願いします★
イラスト


Vanilla

菫

humming

fairy

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。